学生時代のクラスメートとの不倫を上手に

世間で言う不倫の形は様々であり、当然その相手も様々だと思われます。
夫の職場の同僚、昔の恋人、近隣の旦那さんなど、不倫対象となる相手は広く世間に存在するのです。
その中で、同窓会等で久しぶりに会った学生時代のクラスメート・・・思い当たる節はありませんか?
昔好きだった当時のクラスメートの男子・・・懐かしの面々に揃った「憧れ」は成人して精悍な様相に変化しています。
あなたは過去の笑い話に、当時好きだった事を冗談混じりで伝えました。
もしかして「俺も好きだった」とか、「気になってた」という返答がありませんでしたか?
そうなれば、あなたの時は再び「あの頃」から動き出す事でしょう。
抑えられない感情、しかし夫や子供が・・・同時に葛藤にも悩まされると思います。
あなたはこれから、どのようにして走り出した想いを成就させる事が出来るのでしょう?

連絡先の考え方

久々に会ったあなたの想い人。
最後に会った頃より、さらに精悍となりあなたの前に現れました。
そうなれば同窓会等の最中、お互いの連絡先を交わすのは時間の問題でしょう。
ですがここで一つの問題に差し掛かります。
それは、「あなたの携帯・スマホに連絡先を入れる事によるリスク」です。
例えば、着信やメール等が入った時にあなたの夫はどのような反応をしますか?
相手を疑問に思う方であれば「誰から?」
内容を気にする方であれば「どんな内容?」
反応は色々あると思います。
上記だけであれば嘘等で対処可能ですが、ここで最大の問題となるのが「携帯・スマホを見せ合っている」関係の時です。
こうなると日常のメールですら困難となります。
よって、携帯・スマホでやりとりをするのでなく、PC等でフリーメールを取得しておきましょう。

出掛ける際の注意点

彼と出掛けようとする時、やはりそこには「嘘」が発生する事になります。
しかしここでつく「嘘」、内容によって後々尾を引く可能性があるのです。
例えばよくある「友達と飲みに行く」ですが、夫と僅かでも繋がりがある友人の場合、そこから発覚する恐れがあります。
しかもこの理由、世間では不倫女性の嘘の上位に位置しており、勘の良い夫であれば疑いをかけてくる可能性もあり危険です。
その他家族や職場等の、「夫がその気になれば」探る事の出来る環境を利用するのは絶対に避けて下さい。
この場合、夫と完全に接点の無い知人などの名前を使い、後に影響しないよう配慮する事が肝心です。
出来れば友人知人等の名前を使用しない、完全に「単独」の理由を探す事が望ましいでしょう。

行為の後

様々な過程を経て、ようやく好きだったクラスメートと関係を持てたあなた・・・ここで「不倫」が成立します。
同時にあらゆる難関が、あなたの前に立ち塞がる事でしょう。
まずこの時点であなたが思うのは、「家族への申し訳なさ」「想いの成就」「今後のこと」になると思います。
この中でもっとも問題となるのが「家族への申し訳なさ」となるのです。
情は正常な判断を下せなくなります。
家族への情が、あなたの想いをぐらつかせてしまう可能性があるのです。
まだ関係を持っていない時点では、何処か夢みたいな、現実じゃないような、半ば遊び程度の感覚でクラスメートを会っていたあなた。
しかし、それが関係を持つまでに及ぶと、人は途端に及び腰になってしまうのです。
気持ちを確かに持って下さい。
今不倫が発覚すれば、クラスメートにも甚大な被害が及ぶのです。
あなたの好きな人は誰ですか?
何十年来の気持ちを抱えていたのではないですか?
その気持ちを噛みしめ、「家族」と「恋愛」を区分けし完全に別個で考える事で、あなたの走り出した想いはまだまだ走り続けるのです。

おわりに

出会って数年の夫と十数年の想いを抱えた相手・・・勝負は目に見えています。
それだけに、舞い上がってしまい思わぬところで不倫が発覚する事も。
よってあくまで冷静に、自然に、家族への情は別で考え、恋愛を優先する事であなたの想いは成就する事でしょう。
「自分に正直」とは使い古された言葉ですが、まさしくその時が来たのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です