夫&彼氏はココを見てる?オンナの不倫がバレるきっかけとは

男性に比べ女の浮気がバレにくいと言われていますが、それは女性が男性んい比べウソをスラスラとつけることが多いからであって、何の予防もしないまま感情のおもむくままに不倫を楽しんでいては、あっという間に夫や彼氏に不倫がバレてしまいます。

不倫がバレるきっかけは案外単純なことが原因な事も多く、自分では「夫(彼氏)は自分を信用してるから大丈夫♪」と思っていても、怪しまれている場合も多いようです。

実際に浮気調査をした場合の9割が実際に不倫をしていますが、もしかして不倫してる?と疑惑を持たれてしまうきっかけになる場面をご紹介します。

どんな友達と遊んで来たのか言いたがらない

今日は友達とランチだからなど、ひんぱんに外出することが増えてきた場合、やはり疑われることが多くなります。

特に以前ならランチ相手の名前を聞いた時「○○と行ってきたの」と個人名を出していたのに、最近では「ん〜友達だよ」など、固有名詞を出してこなくなった時、怪しまれることが多くなります。

偽装工作をすることも考えておく必要がありますが、疑惑を感じて実際に友人へコンタクトを取られてしまうと一発でバレてしまうので、言い訳は慎重に考えておきましょう。

カードの明細を見せなくなる

クレジットカードを使えば必ず明細が送られてきますが、明細に載っているのに商品自体が自宅になかったり、聞いたこともない名称の会社名だけ載っていいて、調べてみたらラブホのチェーン店だったというパターンもありますので、証拠の残りやすいクレジットカードの使用は控えた方がよさそうです。

突然おこづかいを値上げした

不倫は背徳感がたまらない魅力ですが、一方で生涯を誓い合った相手をダマしているという罪悪感からか、おこづかいを急に値上げしたり、突然追加のおこづかいを渡すなど、突発的な優しさを見せられたら、夫は戸惑うどころか浮気疑惑を持つこともあります。

下着が派手になり、夫を拒むようになった

不倫をすると、独身時代の恋愛していた頃の気持ちに戻ってしまうので、実用重視だった下着よりも華やかで色とりどりな下着を身につけたくなります。

ですが、夫に見せるためではなく不倫相手に見せるためですので、ふとした時に派手な下着を見られたり、夜の生活でも夫を拒み続けてしまうと、やはり浮気を疑われてしまいます。

女性は一旦身体を許してしまうと気持ちが燃え上がってしまう傾向にありますので、一途に浮気相手を愛してしまうパターンも多いですが、不倫相手にも夫(彼氏)にも平等に接していなければ、不倫関係どころか生活まで破綻する原因になってしまいます。

家事が手抜きになる

不倫に燃え上がりすぎてしまうと、毎日のように不倫相手に会いたくなってしまいますが、会う時間を捻出した場合そのしわ寄せは、時間のかかる家事に押し寄せてきますので、夕食は出来合いのお惣菜になったり、洗濯物はたたまずにソファーの上に何日も放置してしまうなど、目に見える形になって出てくるようになると、さすがの夫(彼氏)にも気づかれてしまいます。

自分が生活できているのは夫のおかげでもありますので、離婚のような最悪な結果になりたくなければ、家事をおろそかにせず家庭を守るバランスも重要です。

不倫相手を自宅へ招いた

夫がいない時間帯に不倫相手を自宅に招くといった、不倫関係をもっと盛り上げるようなイベント的な意味で、不倫相手を自宅に招く方もいますが、これは現場を押さえられてしまうと言い逃れができない最悪な状態になってしまいます。

自分ではバレないと思っていても、周囲の住人や知り合いから夫に話が伝わることも十分に考えられますので、不倫相手は絶対に自宅へ招かないようにしましょう。

おわりに

不倫は退屈な日常を変化させてくれますが、一歩間違えば今の生活のすべてを失うきっかけになる行為です。

不倫がバレた最悪の事態も予測しつつ、予防線を考えた上で不倫をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です