全くモテない!何しても無理!彼氏いない歴=年齢の女性の特徴6つ

人生で一度も付き合ったことがない、彼氏いない歴=年齢の女性、あなたの周りにもいませんか?そんな人の特徴を、考える前に、今回はこちらをみてください!

必見!超人的な当たる占い師が存在する!?

占い師って当たらないと思っているあなた。
それは大違いです!

絶対に見るべきです!

実家暮らしで家族との繋がりが強い

一人暮らしをはじめると家族に気兼ねなく行動することができるため、付き合いが広がる傾向があります。

何より、身内からの干渉がなくなることで外に目が向きやすくなります。

大人になっても家族との時間を重視し、週末は必ず家族と出かけるという女性も珍しくはありません。

子どもを大切に守ろうとする親のもとで不自由なく居心地良く過ごしてしまうと、無理に変化を起こそうとしなくなってしまいます。

いいな、と思う男性がいても積極的に関係を進展させようとしない、など。

家族を大切にするのは素晴らしいことですが、それに縛られてしまうのは別問題です。

恋愛に関する話題をまるで悪いことのように扱って、男性との付き合いを口酸っぱく禁じてきたにも関わらず、30過ぎると「誰かいい人いないの?」「周りの娘さんは皆結婚してる」「早く孫の顔が見たい」などと平気で言ってくる母親はいるのです。

言われている立場からすると、何をまあいけしゃあしゃあと、と感じるかもしれませんが、母親の発言に保証や責任はないのです。

その時の気分で言っていることも多々あります。

恋愛に興味があるにも関わらず親の影響でそれを制限してしまっているのは、貴重な若い時期を無駄にしているのと同じで、何とも勿体無いことです。

変化を嫌がる

いわゆる「恋愛体質」の女性の特徴として挙げられるのが、異性との会話やコミュニケーションに常にアンテナを張っており、変化を恐れないということです。

逆に彼氏がなかなかできない人の原因のひとつとして考えられるのが、変化を嫌う傾向にあるということです。

相手との関係性が変わったりグループ内や職場内の調和が乱れたりすることを気にしすぎてしまうのです。

そういう人は、男性の素敵な一面を見ても素直にときめく前にその気持ちに蓋をしたり、また、男性からの些細な行為のサインにも気づけなかったりします。

恋愛とは、多かれ少なかれ他者との関係性や自分の価値観を変化させていくもの。それを必要以上に怖がっていては、彼氏をつくるのは難しいでしょう。

こじらせOLになってしまっている

目安として、25歳以上の女性に見られる傾向です。

まだ一度も付き合ったことがない自分と違って周りはすっかり恋愛を謳歌しており、結婚報告も多くなってきたお年頃。

恋愛話をさんざん聞いてすっかり耳年増のようになってしまった…そんな環境の中で、心をこじらせてしまったタイプはますます彼氏ができにくくなる傾向があります。

一度も付き合ったことがないという劣等感と、だからこそ最初に付き合う人はそれなりの相手でなければというプライドが先行してしまうからです。

恋愛というのは劣等感やプライドを満たすためのものではなく、相手とのコミュニケーションの積み重ねです。

実際の恋愛経験を経て、そのことを理屈ではなく心で理解し、コミュニケーションの取り方を学んでいくのです。

しかし、劣等感やプライドを強く抱えた女性というのは、男性から「めんどくさい女」として見抜かれて敬遠されてしまいます。

そのため、ますます彼氏ができず、劣等感が強まるという負のスパイラルが生まれてしまうのです。

人を許容する余裕がない

結婚したり子どもができたりして「まるくなった」と言われる人を見たことがありませんか?

自分一人だけのペースや価値観で暮らすのとは違って、結婚生活というのは自分よりも相手や子どもを優先して過ごすことのほうが多いものです。

そうやって過ごす中で、「思い通りにならないこと」に対する理解と余裕が生まれます。

それが、「まるくなった」といわれる要因のひとつです。

また、恋愛とは、自分や相手の長所や短所を理解し認め合い、許していく作業でもあります。家族や友達でもそれは必要なことですが、恋愛ではそれが更に重要になってきます。

付き合ったことのない人が実体験を通してこういった感覚を得られておらず、他人と接する際に態度の端々から余裕の無さやトゲトゲしさが見えることがあります。

ドラマや漫画に本気でときめいている

恋愛経験を積んで大人になると、ドラマや漫画の中の恋愛をひとつの娯楽としてとらえるようになります。

しかし、中には大人になっても未だに本気でフィクションの恋愛にときめいている女性がいます。

よく言えばピュア、言い換えれば現実を見る目を養うことなく大人になってしまった痛い人。

しかし、こういうタイプに多いのが、「いくつになっても漫画やドラマにときめくことのできる純粋な自分」に酔っているということです。

こうなってしまうと始末が悪く、彼氏いない歴=年齢化はさらに進んでしまうことでしょう。

男性と少し話すだけで異常に顔を赤らめてしまう、なども併せてみられる傾向です。

サブカル系の文化や、お洒落なものへのこだわりが強い

サブカル系の書籍や、お洒落な服装、音楽、アニメなど、そういった趣味へのこだわりが強いタイプにも、恋愛経験の無い人は意外と多いのです。

このタイプの中には、お洒落な自分へのプライドが高く、恋人にも同じだけのスペックを求める思考の人が潜んでいます。

お洒落な服を着て趣味のいい本や音楽を嗜む…そんな光景が絵になる相手でなくては嫌だ、というプライドから恋人ができないというケースです。

しかし、先述したとおり、恋愛とは相手の気持ちや価値観を考えてコミュニケーションを積み重ねていく行為です。

自分に見合う相手かどうかばかりを優先していては、そのようなコミュニケーション能力は身に付きにくいでしょう。

また、男性はこういう女性のこともまた敏感に察知し、敬遠する傾向にあります。

同じような趣味を持つ男女同士であれば、共鳴しあい仲良くなるのは早いかもしれませんが、男性側もまたプライドが高い場合が多いので、お互いがぶつかった時にどのようにコミュニケーションをとるかがカギになってくるでしょう。

まるで恋愛至上主義で、付き合ったことがない人は悪のようだ!と気分を害されたら、ごめんなさい。ここで述べてきたのは、”彼氏いない歴=年齢の自分に対してコンプレックスがある人”の特徴です。

恋愛以外に心から打ち込める何かがある人は、別のところで価値観を育み、人生を充実させているため、これらの特徴にはあてはまらないかもしれません。

彼氏がほしいのにできない!という人には、「出会いがない」だけでは無い理由が潜んでいるものです。

自分の内面を素直に見つめて、環境や価値観を変化させていく勇気を持っていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です